岡山大学全学日本語コース新カリキュラムに対する評価 : 2013年度留学生アンケート調査報告 Evaluation of the New Japanese Language Curriculum at Okayama University : An International Student Survey Report in 2013

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

岡山大学の全学日本語コースでは毎年カリキュラムの見直しを行ってきたが,受講生の多様なニーズに対応するために大規模なカリキュラムの改編を行い,2013 年度前期から新カリキュラムで授業を展開することとなった。その効果を把握するため,2013 年度前期末および後期末にアンケート調査を実施し,前期74 名,後期78 名の回答を得た。分析の結果,2013 年度から新たに導入したトピック/技能別クラスの開講に肯定的な者が8割以上,日本語コース全体に満足している者が約8割おり,カリキュラム改編後の全学日本語コースに対する受講生の満足度が高いことが明らかになった。本稿では日本語コース全体に対する評価,総合クラスおよびトピック/技能別クラスに対する評価,新規開講科目に関する希望について報告する。

収録刊行物

  • 大学教育研究紀要 = Bulletin of higher education, Okayama University

    大学教育研究紀要 = Bulletin of higher education, Okayama University (10), 69-78, 2014-12

    岡山大学グローバル・パートナーズ, 岡山大学教育開発センター, 岡山大学言語教育センター, 岡山大学キャリア開発センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005567856
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12114090
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5952
  • NDL 記事登録ID
    026269147
  • NDL 請求記号
    Z71-P709
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ