学校全体における積極的行動介入および支援の動向と実際 : イリノイ州 District15 公立中学校における取り組みを中心に  [in Japanese] Current Trends and Practices in School-Wide Positive Behavioral Interventions and Supports Reflecting on the Practices in an Illinois District15 Public Junior High School  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

近年,生徒指導・教育相談において,「包括的な学校生徒指導・教育相談アプローチ(Complihensive SchoolCounseling and Guidance Approach;以下,CSCGA)」が注目されている。その一環として,「学校全体における積極的行動介入および支援(School-Wide Positive Behavioral Interventions and Supports,;以下,SWPBIS)」があげられる。しかしながら, School-Wide すなわち,学校全体としてPBIS に着目した臨床実践報告は少ない。そこで本稿では,School-Wide すなわち,学校全体としてPBIS(SWPBIS)について,先駆的に実践しているアメリカイリノイ州の公立中学校(District15)の取り組みに着目し,SWPBIS の動向と実際について報告した。そして,日本における生徒指導および教育相談における,SWPBIS の展開に向けた検討材料を示唆した。

Journal

  • 岡山大学教師教育開発センター紀要

    岡山大学教師教育開発センター紀要 (5), 35-43, 2015-03-06

    岡山大学教師教育開発センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005572539
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2186-1323
  • Data Source
    IR 
Page Top