教育実習における附属学校園養護教諭の取組 : 学校保健活動を遂行する教員を養成するために  [in Japanese] How Yogo Teachers of attached schools get involved in student teaching  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

 子どもの多様な健康課題に対応して,学校における安全・安心な環境の確保や子どもの心身の健康を守り,はぐくむことのできる体制構築が求められる今日,教育実習等においては,実習生を学校保健に対する関心・理解を高め,子どもの健康・安全な学校生活を考慮した教育活動を展開できる教員として育成することが重要となる。そこで,教育実習等の機会に附属学校園養護教諭が,学校保健活動を遂行できる教員養成を目的とした講義・演習を実施した。その結果,実習生は学校保健に対する認識を高めることができた。附属学校園養護教諭が教員養成に積極的に参画することは,学校保健活動を遂行できる教員養成に果たす役割が大きいといえる。

Journal

  • 岡山大学教師教育開発センター紀要

    岡山大学教師教育開発センター紀要 5, 129-138, 2015-03-06

    岡山大学教師教育開発センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005572549
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    2186-1323
  • Data Source
    IR 
Page Top