啓蒙時代における愛と市民  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

私的な愛の関係性に与えられる文化的な位置づけや意味は、近代化の過程で大きく変わったとされる。この変化と近代的な市民社会の発展との関連性は、一見して思われるほどに自明なわけではない。新しい愛の観念が広められたドイツ語圏の18世紀において、市民社会の発展ということはあくまでも「文化的な現象」であり、政治的、経済的な実力を持った市民層はまだ形成されていなかった。また「市民的」という言葉に込められる意味は様々であり、18世紀における愛の観念の変化には「市民的な」価値意識から明らかに逸脱するようにも見える部分もあった。このように愛をめぐる言説と市民社会との関係には簡単に整理のつかない部分があるため、従来の研究では、この関係自体が否定されたこともある。本稿は、そうした研究の流れをふまえて、近代化の中で生まれた新しい愛の言説における「市民的なもの」をあらためて検証しなおそうとする試みである。啓蒙時代における愛の観念の変化を、近代初期の社会思想との関連性において論じることによって、私的な愛をめぐる言説が、市民社会の形成過程においてどのような意味と役割を持ったのかを明らかにする。

Journal

  • 人文論叢 = Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences,Department of Humanities

    人文論叢 = Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences,Department of Humanities (32), 29-42, 2015

    三重大学人文学部文化学科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005575025
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10045090
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0289-7253
  • NDL Article ID
    026255130
  • NDL Call No.
    Z22-1301
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top