電子黒板と手元型電子黒板の活用  [in Japanese] Digital Media Board and Personal Digital Media Board  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

電子黒板やタブレット型のパソコンが視覚障害者の教育を大きく変貌させようとしている。電子黒板は,弱視にとって非常に有効な視覚障害補償方法であり,学校現場の学習を大きく変貌させようとしている。また,手元型電子黒板などの活用により見えやすさと共に学習理解度の向上に寄与している。ここでは,ICT 技術を活用した視覚障害者の電子黒板とタブレットの利用について,教育実践を踏まえて報告する。

Journal

  • 筑波技術大学テクノレポート

    筑波技術大学テクノレポート 22(2), 1-6, 2015-03

    筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005578889
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12123772
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2435-4856
  • Data Source
    IR 
Page Top