デュロック種系統造成(第1報) The breeding of a Duroc strain (1)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

デュロック種系統豚「フジロック」の近交係数の上昇により、近交退化が懸念されるため、新しいデュロック種の系統造成を開始した。デュロック種系統豚である「シモフリレッド」「アイリスナガラ」「ゼンノーD-01」を導入し、選抜された第一世代の能力はDG雄948g/日、雌925g/日、BF雄2.32cm、雌2.60cm、EM雄29.5cm2、雌31.0cm2となった。血統の交雑を優先したため標準化された総合育種価の選抜差は雄0.00、雌0.25で大きな改良量は得られなかった。系統豚を使用している農業者への聞き取りにより、肢蹄の強健性と消費者にPRできるおいしさへの改良が求められていることが分かった。そのため、強健性については肢蹄のスコアリング及びDNAマーカーの利用を検討している。おいしさについては選抜除外された全兄弟平均の筋肉内脂肪含量(IMF)が3%以下の個体の独立淘汰および、シェアバリュー、脂肪酸組成を改良目標に加えることを検討している。

収録刊行物

  • 静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター研究報告

    静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター研究報告 (6), 1-6, 2013-01

    静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005580141
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12302432
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-6415
  • NDL 記事登録ID
    024349365
  • NDL 請求記号
    Z71-V491
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ