カスリーン台風による大水の検証 : 新方法による計算結果に基づいて(1) Verification of the Flood by a Typhoon Kathleen : Based on Calculation Result by a New Method(1)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

昭和22年(1947年)9月15日,関東地方はカスリーン(Kathleen)台風の襲来により,各地に大雨が降った。特に,利根川上流域に有史以来最大級の大雨をもたらした。カスリーン台風はどのような台風であったのであろうか。なお,カスリーン台風は,カスリン,またはキャサリン台風ともよばれる。図-I参照。(次の""内の文は,畠山久尚と高橋浩一郎の記述を後述の「カスリン颱風の研究」から引用している。以後,""で囲まれた文は,引用文である。)"9月3日3時頃マリアナ東方1,000kmの海上に1,010mb(1mb=1hPS)位の弱い(熱帯)低気圧が発生して西北西に移動し,10日マリアナ北部を通過,11日3時頃マリアナ西方500kmの海上に達し,次第に発達して中心示度994mb位となり,台風としての気流系が顕著となった。これがカスリーン台風である(註:現在では何年の台風第何号という台風の呼び方がなされているが,当時の米進駐軍気象隊では赤道以北,経度180度以西で発生した台風に女性の名前をアルファベットのaから順々につけることにしていて,連合軍による占領下の当時の日本はこの規則に従っていた)。

収録刊行物

  • 水利科学

    水利科学 57(1), 73-96, 2013

    水利科学研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005580890
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125003
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0039-4858
  • NDL 記事登録ID
    024695909
  • NDL 請求記号
    Z16-140
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ