吉井川感潮域における水質及び底質とヤマトシジミの分布  [in Japanese] Distributions of Water Qualities, Tidal-Bed Materials, and a Brackish-water Mussel, Corbicula japonica in the Tidal Flat of the Yoshii River  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

吉井川は岡山県の三大河川の一つであり,県東部を南北に貫通して児島湾に注ぐ流域面積約2千km2,長さ133kmの一級河川である。河口から約7km上流には潅漑のため設置された鴨越堰があり,上流への塩水遡上を遮断しているため,この堰から下流が感潮域となっている。ヤマトシジミCorbicula japonicaは汽水域に生息する二枚貝であり,かつては日本の感潮域で普通に見られたが,都市河川の下流部や干拓された汽水湖沼など多くの水域で減少した。農林水産省の漁業・養殖業生産統計年報によれば,岡山県内シジミの漁獲量は1957年の34tをピークにその後減少し,'65~'79年には0tであった。'80~'87年と'90~2005年までの間は僅かにあったが,'06年以降は見られなくなった。また,吉井川のシジミ漁獲量に関する情報は'58年と'65年以降の記録があり,'80年以降の県内のシジミ漁獲量のほとんどが吉井川の漁獲量であったが,漁獲量は少なく,0~2tであった。一般的にシジミ類の漁獲量の99%はヤマトシジミであるとされていることから,'06年以降に吉井川で漁獲量が減少していたのはヤマトシジミと考えられた。そこで,生息域である吉井川感潮域の水質及び底質とヤマトシジミの各成長段階(浮遊幼生,着底稚貝,稚員,幼貝,成貝)の分布について調査し,漁場評価を行った。

Journal

  • 岡山県農林水産総合センター水産研究所報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry, and Fisheries Research Institute for Fisheries Science

    岡山県農林水産総合センター水産研究所報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Technology Center for Agriculture, Forestry, and Fisheries Research Institute for Fisheries Science (27), 5-11, 2012-11

    岡山県農林水産総合センター水産研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005580972
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12505021
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    2185-9183
  • NDL Article ID
    024417362
  • NDL Call No.
    Z18-1934
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top