組織形成と領域化におけるephrin/Eph Receptorの役割 The molecular mechanisms of ephrin/Eph Receptor signaling in tissue organogenesis and boundary formation

この論文をさがす

抄録

ephrinとその受容体(Eph Receptor)はどちらも細胞膜上に存在するシグナル分子であり,そのシグナル伝達様式は細胞間接着を介するという特徴を有する。近年,このephrin/Eph Receptorシグナリングが組織形成過程における細胞移動や領域の決定に重要な役割を担う事が明らかになりつつある。本総説では,組織形成におけるephrin/Eph Receptorの研究結果を概説するとともに,下垂体の形成における最近の知見も合わせて紹介する。

収録刊行物

  • 明治大学農学部研究報告

    明治大学農学部研究報告 64(1), 1-9, 2014-07

    明治大学農学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005588549
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00239079
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0465-6083
  • NDL 記事登録ID
    025731328
  • NDL 請求記号
    Z18-305
  • データ提供元
    NDL  IR  JASI 
ページトップへ