高知県四万十市西土佐奥屋内方言の屈折接尾辞 トー  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では、主に筆者による話者への面接調査をもとに、高知県四万十市西土佐奥屋内方言で用いられている屈折接尾辞トーの記述を行った。その結果明らかになったことは、以下の2点にまとめられる。(a)形態統語的特徴:トーは従属節や連体節には出現せず、主節末のみに現れうる屈折接尾辞である。この環境においては-(r)uや-taと範列的な関係にある。また、動詞・形容詞・形容動詞・コピュラのいずれの語幹にも、特に語彙的な意味に左右されず接続しうる。なお、トーにはネ・エ・ヤという文末詞が後接しうる。(b)意味的特徴:トーがもつ意味機能には大きく2つあり、それは「話し手が関与した過去の事態を、情報価値の高いものとして聞き手に伝える」ことと、「過去の事態を把握し、驚きの気持ちを表す」ことである。

Journal

  • 阪大社会言語学研究ノート

    阪大社会言語学研究ノート (13), 1-9, 2015-03

    大阪大学大学院文学研究科社会言語学研究室

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005593871
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11555159
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Data Source
    IR 
Page Top