飲酒事故防止へ向けての授業支援と教育支援 : アルコール分解酵素の解析実験の展開と事故防止のための教育・広報活動 Supports for class and education to prevent alcohol drinking accidents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

教育挿図資料近年, 当大学で発生した飲酒事故の重要性に鑑み, 飲酒事故を未然に防ぐことを目的に事業を展開した。生物学の分野から, 学生個々人のアルコールのパッチテスト, その後のアンケート調査, その解析, 意識調査, 自分の遺伝的体質の解析(アルコール分解酵素の遺伝子鑑定)や, 肝臓におけるアルコールの分解作(酵素反応)の理解を進める授業などを展開した。また, 授業用資料(PPT)やパンフレット作成を行なった。生物学を履修している学生には, これらを用いて授業を展開し, 飲酒事故防止のための理解を進める。生物学を履修していない学生には, これらの資料をウェブで公開して閲覧できるようにする。加えて, 将来的なアルコール中毒や肝機能障害のリスク回避, さらに最近多様化してきた他の薬物中毒に対しても, その危険性を広報していく。以上のことから, 全塾的・長期的に, 学生がアルコールと他の薬物への対応の仕方を習得し, 将来的に心身ともに健康維持できるよう, 教育支援を行なった。

収録刊行物

  • 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学

    慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学 (57), 11-46, 2015

    慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005596499
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10079809
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0911-7237
  • NDL 記事登録ID
    026190330
  • NDL 請求記号
    Z14-1207
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ