教育の情報化と学習コンテンツの利用・制作に関する考察  [in Japanese] Consideration of "Informatization of Education" and Authoring of Learning Content  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

教育の情報化では,ICT を活用した学習環境を構築し,学ぶ児童・生徒が一斉指導・協働学習・個 別学習を通して,より深まる授業の実現を目指している.そのような背景のもと,既存の学習コンテ ンツの利用のみならず,教師が地域性や内容の不足度合いに応じて独自のコンテンツを制作すること も必要である.本稿では,学習履歴の把握や学習資料の共有のプラットフォームとして学習管理シス テムと,その上で利用される学習コンテンツに焦点をあて,それらをとりまく技術的な側面や制作環 境を中心に考察を行う.

Journal

  • 仁愛大学研究紀要. 人間生活学部篇

    仁愛大学研究紀要. 人間生活学部篇 (6), 93-98, 2014

    仁愛大学

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005604565
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12463806
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2185-3363
  • NDL Article ID
    026323750
  • NDL Call No.
    Z72-B573
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top