痴呆性高齢者のグループ回想法において家族とケアスタッフが捉えた意味--回想場面の映像から  [in Japanese] Significance Perceived by Family Members and Care Staff in Group Reminiscence Applied to Demented Elderly -Through Images Captured During Reminiscence-  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

グループ回想法の効果と意義を明らかにすることを目的に,療養型病院の痴呆性高齢者6名および介護老人保健施設の痴呆性高齢者7名にそれぞれ実施したグループ回想法を録画したビデオを,痴呆性高齢者の家族3名および現場のグループ回想法のスタッフ11名に視聴してもらい,その後,面接を実施した.その結果,家族とケアスタッフが捉えたグループ回想法の効果と意義として,以下が明らかになった.1)痴呆高齢者に潜んでいた豊かな感情の表出や,心理的安定が図られたこと.2)回想の刺激材料によって,ほとばしり出てきた過去の記憶を,痴呆性高齢者が熱意をもって語っていたこと.3)家族自身が高齢者とともに生きた人生を振り返る意義.4)家族が高齢者との関係性を振り返り,つながりを見出す意義.5)ケアスタッフが痴呆性高齢者の能力を再発見した意義

Journal

  • Ishikawa journal of nursing

    Ishikawa journal of nursing 2, 15-23, 2005

    石川県公立大学法人 石川県立看護大学

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005615298
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11961976
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13490664
  • NDL Article ID
    7839546
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z74-E56
  • Data Source
    CJPref  NDL  IR 
Page Top