センサーを利用した教育とその可能性  [in Japanese] Education Using a Sensor, and its Possibility  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では、近年安価になり身の回りで利用されているコンピュータとインターネットとセンサーを利用して、どのような教育が可能かを研究するため、情報学研究所で行ってきた講演会・研究会・ワークショップについて述ベた。また、他大学においてサマーキャンプで行った内容について述ベた。さらに、獨協大学大学祭で予定されている企画について述ベた。これらの実際の内容から、今後教育にどのように利用できるかの可能性を探った。

In this paper, in order to study what kind of education is possible using the computer, the internet, and the sensor which become cheap in recent years and are used by personal appearance, the lecture meeting, the study group, and the workshop held at the institute of informatics, Dokkyo University were described. Moreover, the contents performed in other universities in the summer camp were described. Furthermore, the plan planned at the Dokkyo University campus festival was described.

Journal

  • 情報学研究 = Journal of informatics

    情報学研究 = Journal of informatics 4, 132-139, 2015-01

    獨協大学情報学研究所

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005622475
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12559097
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2186-7666
  • NDL Article ID
    026035780
  • NDL Call No.
    Z74-H321
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top