竹幽文庫蔵『源氏千種香』の紹介  [in Japanese] Introduction of "Genji Chigusako" Possessed by Chikuyu-Bunko  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

竹幽文庫蔵『源氏千種香』は、『源氏物語』五十四帖にちなんだ五十四種類の組香の作法を記した伝書である。安永二年(一七七三)の自叙をもつ。菊岡沾涼著『香道蘭之園』所収本は、元文二年(一七三七)頃の成立だが、桐壺香・夢浮橋香がない。そこで、箒木香・梅枝香・玉鬘香・若菜下香について、さらに両者を比較したところ、組香の方法は、蘭之園本に比べ、竹幽本の方が総じて複雑になっていることがわかった。また、物語の内容と合わない箇所が少なくない蘭之園本に対し、竹幽本は、物語に合わせて手直ししていることが認められる。すなわち、蘭之園本は、『源氏小鏡』(第一系統)を参照して作成されているようであるが、竹幽本は、『源氏小鏡』(第二系統)、あるいは『源氏物語』そのものに拠っていると考えられるのである。資料(Material)

Journal

  • 社会科学 = The social sciences

    社会科学 = The social sciences 43(3), 27-51, 2013-11

    Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005641262
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00108933
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0419-6759
  • NDL Article ID
    025063431
  • NDL Call No.
    Z6-279
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top