沖縄島本部半島山里地域における円錐カルスト頂部に発達するピナクルの地形的特徴  [in Japanese] Topographic Features of Pinnacles Formed at the Top of Cone Karst in Yamazato, Motobu, Okinawa Island  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究では,沖縄島本部半島山里地域の円錐カルストの頂部に形成されるピナクルを対象として,その地形的特徴について野外調査を行った.その結果,ピナクルのタイプは平頂型,尖塔型,円頂型の3 つに大別されることがわかった.これらのタイプは円錐カルストの頂部標高によって異なり,平頂型は頂部標高が最も高い円錐カルストに形成され,標高が低くなるにつれて,尖塔型,円頂型になる傾向をもつことがわかった.またピナクルの高さは,尖塔型が最も大きく,平頂型,円頂型の順に小さくなる傾向が認められた.

Journal

  • 沖縄地理

    沖縄地理 (9), 55-58, 2009-06

    The Okinawa Geographical Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005646113
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10157731
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0916-6084
  • NDL Article ID
    024952159
  • NDL Call No.
    Z8-3436
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top