困難さを表す「にくい」と「づらい」はどのように使い分けられているか : アンケート結果の分析と考察  [in Japanese] On Tough Sentences in Japanese  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

動作遂行・実現の困難さを表す「にくい」と「づらい」は、機能的に重複している部分が多く、両者の使い分けがどのようにされているのかが明らかであるとは言い難い。そこで本研究では、「にくい」と「づらい」のどちらを入れても成立するような例文を作成し、それらを用いて「にくい」「づらい」の使用に関するアンケート調査を大手前大学の学生に対して行った。アンケート結果の分析を通し、①外的要因によって動作実現の不可能性が高い場合「にくい」が選択されやすい、②不可能性が低くなるに従い「にくい」が選択される割合が減る、③内的要因(「身体的痛み」「心理的抵抗感(±恥ずかしさ)」)によって困難となっている場合「づらい」が選択されやすい、④「づらい」選択の割合は「にくい」ほど顕著ではない、⑤心理的抵抗感の程度の大きさに応じて「づらい」がより選択されやすくなる、⑥相手に対する「申し訳なさ」が困難の要因となっている場合「づらい」が選択されやすい、⑦「身体的痛み」の場合外的要因による「けが」であるほうが「づらい」がより選択されやすくなる、ということが明らかになった。

Journal

  • 大手前大学論集

    大手前大学論集 (15), 95-118, 2014

    大手前大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005647181
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12325438
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-644X
  • NDL Article ID
    026312549
  • NDL Call No.
    Z22-1317
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top