裁判員裁判における量刑評議について--法律専門家としての裁判官の役割  [in Japanese] Saibanin saiban ni okeru ryokei hyogi ni tsuite : horitsu senmonka toshiteno saibankan no yakuwari  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

一 はじめに二 量刑判断の論理的過程(一)伝統的モデル(二)若干の考察三 量刑における専門的判断事項と協働的判断事項(一)量刑に関する事実認定1 総説2 不意打ち認定の禁止3 「疑わしいときは被告人の利益に」の原則の妥当性(二)量刑目的ないし基準に関する判断(三)量刑事情の評価(四) 具体的な刑量の決定1 法定刑の意義 : いわゆる量刑スケール論について2 量刑相場の拘束力の意味と裁判員裁判における位置づけ四 おわりに : 裁判員法六条の解釈

Journal

  • 法学研究

    法学研究 82(1), 599-664, 2009-01

    慶應義塾大学法学研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005653134
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00224504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03890538
  • NDL Article ID
    10192303
  • NDL Source Classification
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL Call No.
    Z2-12
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top