ヨーロッパ統合研究への「安全保障研究のコペンハーゲン学派」の適用をめぐる一考察--EU拡大を事例として  [in Japanese] Enlargement of the European Union and the Copenhagen school of security studies  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

はじめに一 理論的枠組み(1)セキュリタイゼーション・アプローチの概要(2)他の理論的アプローチとの比較(3)セキュリティタイゼーション・アプローチの評価二 EU拡大と安全保障ディスコース(1)EU東方拡大の実証研究におけるセキュリタイゼーション・アプローチの有用性(2)EU東方拡大プロセスの諸段階と安全保障ディスコースおわりに

Journal

  • 法学研究

    法学研究 82(5), 47-77, 2009-05

    慶應義塾大学法学研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005653192
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00224504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03890538
  • NDL Article ID
    10370096
  • NDL Source Classification
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL Call No.
    Z2-12
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top