この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

The aim of this longitudinal study was to explore face-to-face (FTF) communication and social networking services (SNS) communication among freshmen in college. Participants were 64 undergraduate students who answered a self-report questionnaire four times during their freshman year: one month after begining college (May), July, October, and December. The results showed that, across the four points, there were no differences in the students' reported number of friends and frequency FTF and SNS communication. The conditional uniform graph test showed a significant positive correlation between the four measures of FTF communication networks, as well as between SNS communication networks. However, SNS communication networks were less correlated between May and July, and between May and December, when compared with correlations of FTF communication networks during those same periods.本研究では大学新入生の友人関係における対面(FTF)やソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)を使用した コミュニケーションについて、縦断的に検討することが目的であった。同じ専攻に所属する大学1年生64名(男性 21名、女性43名)を対象に、5月、7月、10月、12月の計 4回質問紙調査を実施した。分析の結果、 4時点において、友人・知人数、FTFおよびSNSコミュニケーション頻度は変化がなく、FTFおよびSNSコミュニケーション・ネットワークは4時点のいずれにおても類似していた。5月から7月と、5月から12月のSNSコミュニケーション・ネットワークの変化はFTFよりも大きかった。5月からのFTF コミュニケーション頻度の増加が コミュニケーション頻度の増加が コミュニケーション頻度の増加が コミュニケーション頻度の増加が7月における友人関係満足感を予測し10月からの友人・知人数増加やFTFコミュニケーション頻度の増加が12月の友人関係満足感を予測する結果が得られた。

収録刊行物

  • 対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology

    対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology (15), 55-62, 2015-03

    大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005671201
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11550166
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1346-2857
  • NDL 記事登録ID
    026441555
  • NDL 請求記号
    Z71-F94
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ