戦後,集団移住へ向けた河川敷居住者の連帯 : 広島・太田川放水路沿いの在日朝鮮人集住地区を事例に  [in Japanese] Solidarity of Riverbed Squatters for Collective Relocation in the Postwar Era :A Case of Korean Community along the Ota River Drainage Canal in Hiroshima  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

論説(Article)戦後日本の都市の河川敷には居住地が存在していた。しかし,戦後復興や都市化が進展する中で,いつしかこうした地区は消滅していくことになった。本稿は,こうした河川敷居住地のうち、行政からの土地の払い下げという形で集団移転を成し遂げた,広島市を流れる太田川放水路沿いに存在した旭橋下流地区を取り上げ,集団移転を可能とさせた居住者の連帯の状況やその背景についてアプローチするものである。

Journal

  • 社会科学 = The social sciences

    社会科学 = The social sciences 45(3), 25-53, 2015-11

    Alternative:Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005676736
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00108933
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0419-6759
  • NDL Article ID
    026966082
  • NDL Call No.
    Z6-279
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top