国際日本文化研究センター所蔵静坐社資料 : 解説と目録  [in Japanese] Catalogue of the Seiza-sha Collection in the International Research Center for Japanese Studies and an Account of the Japanese Quiet-sitting Movement after 1920  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

大正期に一世を風靡した心身修養法に岡田式静坐法がある。創始者の名は岡田虎二朗(一八七二―一九二〇)という。彼は、静坐実践を通じて内的霊性を発達させることができると述べ、日本の伝統も明治以降の西洋文明輸入政策も否定しつつ、個人の霊性からまったく新たな文化や教育を生み出そうとした。こうした主張が、近代化の矛盾と伝統の桎梏のなかでもがいていた知識人や学生を含む多くの人々を惹きつけることになったようである。これまで、岡田の急逝をきっかけに、このムーブメントは急速に消えていったように記述されることが多かった。しかしながら、実際にはその後もいくつか静坐会は存続しおり、その中の一つに京都の静坐社があった。静坐社は、岡田式静坐法を治療に応用した医師・小林参三郎(一八六三―一九二六)の死後に、妻の信子(一八八六―一九七三)によって設立された。雑誌『静坐』の刊行を主な活動として、全国の静坐会ネットワークを繋ぐセンター的な役割を果たしていた。今回、静坐社の蔵書の一部が国際日本文化研究センター図書館に寄贈されることになった。本稿ではその資料目録とともに、静坐社の活動や人脈について紹介する。そこからは、仏教系知識人や文学者を中心とした一種のサロンとしての静坐社の姿が浮かび上がるだろう。その人脈は海外にも広がっており、その中には海外へ禅や身体技法(呼吸法や坐法)を紹介した外国人も含まれる。既成の宗教や国境を超えて宗教的探究を進める人々と交流する一方、静坐社は岡田虎二郎によって定められた形式を墨守し、十五年戦争が佳境に向かう中では静坐を国家主義と結び付けていくことにもなった。静坐社の資料は、昭和期初期の日本における国際的な潮流とローカルな歴史の交渉について興味深い事例を提供している。

Journal

  • 日本研究

    日本研究 47, 239-267, 2013-03

    国際日本文化研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005681403
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10088118
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0915-0900
  • NDL Article ID
    024430948
  • NDL Call No.
    Z21-1836
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top