一柳満喜子の生涯に関する一考察 A study on the life of Makiko Hitotsuyanagi

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

 一柳満喜子は一八八四年、一柳末徳子爵の子として誕生した。満喜子はミッション経営の幼稚園、女子高等師範学校附属小学校、附属女学校、神戸女学院などで学び、一九〇九年に渡米。米国ではブリンモア大学予備学校で学び、在学中に受洗した。その後、ブリンモアカレッジに入学したものの退学し、女学校時代の恩師アリス・ベーコンのもと、サマーキャンプなどを手伝っていたが、末徳の危篤の知らせを受け帰国。そして、兄恵三の邸宅を設計していたウィリアム・メレル・ヴォーリズと出会う。メレルとの結婚後、近江八幡の地に移った満喜子は、そこでいくつかの教育事業を行った。

収録刊行物

  • 日本研究

    日本研究 37, 201-245, 2008-03

    国際日本文化研究センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005681500
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088118
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    09150900
  • NDL 記事登録ID
    9451272
  • NDL 雑誌分類
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館) // ZG6(歴史・地理--日本)
  • NDL 請求記号
    Z21-1836
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ