研究展望 はたしてアーリヤ人の侵入はあったのか?ヒンドゥー・ナショナリズムの台頭のなかで--言語学・考古学・インド文献学  [in Japanese] Did the Aryan Invasions happen? In the rise of the Hindu Nationalism : Linguistical, Archaeological and Indological reexamination  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

さいきん、インドにおいて、ヒンドゥー・ナショナリズムの高まりのなかで、「アーリヤ人侵入説」に異議が唱えられている。そこで、小論では言語学、インド文献学、考古学の立場から、その「アーリヤ人侵入説」を検討する。まず、言語学からいえば、もし「アーリヤ人侵入説」が成り立たないとしたら、「印欧祖語=サンスクリット語説」もしくは「印欧祖語インド原郷説」が想定されるが、いずれも、Hock(1999a)によって否定されている。また、インド文献学では、リグ・ヴェーダの成立年代問題など、たぶんに解釈の問題であって、インド文献学がこたえをだすことはない。考古学による証拠では、インダス文明が崩壊した時期における「アーリヤ人」の「大量移住」の痕跡はみとめられず、反「アーリヤ人侵入説」の根拠となっている。結論をいえば、じゅうらいの「アーリヤ人侵入説」は見直しが必要である。「アーリヤ人」は「インド・アーリヤ祖語」を話す人々」とすべきで、かれらが同一民族・同一人種を形成している必要はけっしてない。また、「侵入」も「小規模な波状的な移住」とすべきで、年代についても紀元前一五〇〇年ごろと特定すべき積極的な根拠はない。

Journal

  • Bulletin of International Research Center for Japanese Studies

    Bulletin of International Research Center for Japanese Studies 23, 179-226, 2001-03

    国際日本文化研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005681654
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10088118
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    09150900
  • NDL Article ID
    5842152
  • NDL Source Classification
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館) // ZG6(歴史・地理--日本)
  • NDL Call No.
    Z21-1836
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top