研究論文における効果量の報告のために : 基本的概念と注意点 Basics and Considerations for Reporting Effect Sizes in Research Papers

この論文にアクセスする

抄録

Reporting effect sizes is now mandatory when submitting research papers to professional journals in our field. In this paper, therefore, we introduce and discuss the fundamental concepts and some considerations of the effect sizes in EFL research in Japan.

収録刊行物

  • 関西英語教育学会紀要 『英語教育研究』

    関西英語教育学会紀要 『英語教育研究』 31, 57-66, 2008-03-21

    関西英語教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005685973
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    09192662
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ