授業研究の導入による協働性の形成--ボリビアにおける教育開発の事例より  [in Japanese] Collaboration among teachers by introducing lesson study: case study on educational development in Bolivia  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

日本が行っている教育開発プロジェクトにおいて、授業研究は途上国の教育の質を向上させるために重要な役割を果たしている。本稿は、ボリビアにおける授業研究に対する教師の意識を調査し、授業研究の導入による教師の意識変容について考察することを目的とする。そのために、授業研究の過程にある公開授業や反省会への教師の参加意識に注目し、教師がそれに対してどのような価値を見出していくのかを検証した。途上国の授業研究に関する先行研究には、授業研究の促進要因や阻害要因に言及した研究はみられるが、このように教師の意識や態度の変容を通して、授業研究の果たす役割について展望した研究は少なく新しい試みである。ボリビアの教師にとって授業は個人的な営みであり、教師は学校内で授業改善のために他者に授業を公開し議論をする経験をもたなかった。そのため教師にとって公開授業や反省会に対する個々の受け止め方は大きく異なっていた。本稿は授業研究を実践している教師から得られた量的、質的データをもとに、教師の意識変容について考察した。その結果、授業研究の導入により教師間に協働性が形成され、それはボリビアの教師文化に影響を与えるものであるということが明らかになった。今後、教師間の協働性が、学校においてどのように具現化され、ボリビア独自の授業研究の確立に貢献するのかということについて、長期的な検証が必要である。Lesson Study has the potential to improve the quality of education in developing countries, through educational development programs that are being conducted by the Japanese. This paper investigates teachers' attitudes toward Lesson Study in Bolivia, and discusses changes in their attitudes after the introduction of the program. Although much literature in the field of Lesson Study that discusses factors to promote the program is available in developing countries, the study of changes in teachers' attitudes is still new, with little literature available on this subject. Bolivian teachers have been essentially working alone, without an environment of open classes and reflection meetings where teachers collaborate with each other to improve lessons in schools. Some teachers were not aware of the value of open classes and reflection meetings because it was their first experience with this method of teaching. This paper discusses how teachers' attitudes change by reporting quantitative and qualitative data obtained from teachers implementing the program. The investigation showed that teachers learned to work collaboratively and that changes occurred in the teacher culture with the introduction of Lesson Study in Bolivia. The future challenge is to verify promotion of collaboration among teachers and discuss directions to improve Lesson Study in Bolivia.

Journal

  • Journal of informatics

    Journal of informatics (35), 33-51, 2011-08

    関西大学総合情報学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005686104
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10484636
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1341156X
  • NDL Article ID
    11222921
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B140
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top