深夜アニメ「School Days」と「ひぐらしのなく頃に解」の放送中止に関する一考察--「自主規制」と「有害」および「連想」のリアリティ A study of the midnight broadcasting animations of "School Days" and "Higurashi no naku koroni kai" were made to discontinuance: "self-imposed restraint", reality of "Harmful" and "Association"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

収録刊行物

  • 白山社会学研究

    白山社会学研究 (16), 56-71, 2009

    白山社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005699162
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10016423
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09135502
  • NDL 記事登録ID
    10341017
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-2229
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ