闇戦争と隠秘主義 : マダム・ブラヴァツキーと不可視の聖地チベット (特集 マダム・ブラヴァツキーのチベット)  [in Japanese] The Great Game and Occultism : A Genealogical Anthropological Study  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

小稿は,神智協会の創設者にして,のちの隠秘主義(オカルティズム)や西欧世界における仏教なかんずくチベット仏教の受容,普及に決定的な役割を果たしたマダム・ブラヴァツキーが,具体的にどのようにチベット(仏教)に関わり,どのような成果を収め,さらにその結果後世にどのような影響を及ぼしたのかについて,とくに南アジア・ナショナリズムとの関連に議論を収斂させながら,神話論的,系譜学的な観点から人類学的に考察しようとするものである。ここでは,マダム・ブラヴァツキー自身のアストラハン地方における幼児体験をもとに,当時未踏の地,不可視の秘境などととらえられていたオリエンタリスト的チベット表象を触媒にして,チベット・イデオロギーへと転換していったのかが跡づけられる。その際,マダム・ブラヴァツキーのみならず,隠秘主義そのものが,概念の境界を明確化する西欧近代主義イデオロギーを無効化するとともに,むしろそれを逆手にとった植民地主義批判であったことの意義を明らかにする。

Although she died more than 120 years ago, Madame Blavatsky, the"Godmother of New Age," and cofounder of the Theosophical Society, issurely one of the most controversial figures even now in the 21st century.Blavatsky lived for a year in Astrakhan, Caucasus, where KalmykTibetan Buddhists lived, together with her mother and grandparents when shewas little. That was her first contact with Tibetan Buddhism, or even Buddhismitself. Besides, Tibet has captured the popular imagination, from theexotic Shangri-La image promoting immortality, to backward Lamaist traditions.This is a genealogical, anthropological study attempting to explore theprocess of the changes from her childhood experiences and the Orientalistportrayals of Tibet, mingled together to mold the Tibet ideology of MadameBlavatsky and the Theosophical Society, and their aesthetic, intellectual, andpolitical influences in the 19th and 20th centuries.

Journal

  • 国立民族学博物館研究報告

    国立民族学博物館研究報告 40(2), 267-309, 2015

    National Museum of Ethnology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005727192
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00091943
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0385-180X
  • NDL Article ID
    027010931
  • NDL Call No.
    Z8-1298
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top