島根原子力発電所立地地域住民の原発に対する意識の分析  [in Japanese] An analysis of attitudes toward the generation of nuclear power among residents in the neighborhood of reactor facilities  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では,原発問題について,とくに原発立地地域の人びとの意識を探ることを目的に,2015年2月~ 3月,島根原発5km圏内にある島根県松江市鹿島町・島根町(原発自体は鹿島町に立地する)の20歳以上の住民に対し行なった質問紙調査の分析結果を示す。この調査と同時期に同じ質問紙を用い,それらの2町以外の松江市の20歳以上の住民を対象にした調査も実施しているため,比較分析を通して,原発周辺に暮らす人びとの意識をより鮮明に描き出す。結果,かれらの原発に対する態度については,自分や身内が原発による利益を得ているという認知が決定的な影響力をもっていることが分かった。ただし,その状況を必ずしも積極的に受け入れているわけでもないことも示された。原発問題に関して原発周辺住民の切実さが,あらためて明らかになった。

Journal

  • 山陰研究

    山陰研究 (8), 37-46, 2015-12

    島根大学法文学部山陰研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005728564
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12382442
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-468X
  • NDL Article ID
    028135398
  • NDL Call No.
    Z71-X576
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top