帰属意識と忠誠心,そして組織コミットメント Belongingness, loyalty and organizational commitment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

[概要] 組織にとって, 従業員の組織に対する帰属意識は重要な管理項目のうちの一つである。 そこで, 本稿では, モラールや忠誠心などの類似概念を検討することによって, 組織に対する帰属意識について考える。 日本における帰属意識研究は組織コミットメント概念の登場により, 劇的に進んだが, 日本人労働者の帰属意識を明らかにするためには, 忠誠心について理解することが必要であることを論じる。         [Abstract ] The employee's sense of belonging to the organization is one of the important control points for the company. The purpose of this paper is, therefore, to explore the sense of belonging to the organization by a review of similar concepts like "morale" and "loyalty." Appearance of the concept of organizational commitment has led a large step forward in the study of a sense of belonging in Japan. To clarify the Japanese employee's sense of belonging, however, requires a deep understanding of the loyalty.

収録刊行物

  • 商経学叢

    商経学叢 60(1), 83-106, 2013-09

    近畿大学商経学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005737956
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10437975
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0450-2825
  • NDL 記事登録ID
    025305167
  • NDL 請求記号
    Z3-410
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ