日本語文章表現における「なと思う」の使用とその背景の分析 Analyzing the Use of "-na to omou" in Japanese Writing and Background Factors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

収録刊行物

  • アカデミア. 人文・自然科学編 : 南山大学紀要

    アカデミア. 人文・自然科学編 : 南山大学紀要 (11), 201-209, 2016-01

    南山大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005739189
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12516006
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    2185-3282
  • NDL 記事登録ID
    027137228
  • NDL 請求記号
    Z72-D42
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ