Dark Triadと5因子性格モデルとの関連  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

社会的に望ましくないとされる3 つのパーソナリティ―サイコパシー傾向,マキャベリアニズム傾向,ナルシシズム傾向は,冷淡な感情と対人操作性が共通する。そのため,これらの集合体としてDark Triad(D3)傾向というパーソナリティ概念が提唱され,様々な研究が行われている。Dark Triad 傾向と既存のパーソナリティモデルとの関連では,5 因子モデル(Five Factor Model: FFM)が多く研究されており,Dark Triad 傾向と協調性の低さが一貫する知見である。本邦でもD3 とFFM との関連は検討されており,D3 と協調性との負の関連が示されている。本研究では,この関連性が再現されるかどうかの追試を行った。また,D3 と自尊感情との関連も検討した。構造方程式モデリングの結果,Dark Triad傾向は協調性および誠実性との負の関連が示され,自尊感情を統制した場合にも関連は保たれた。これらの結果は,国外における研究知見と一致する。

Journal

  • 法政大学大学院紀要

    法政大学大学院紀要 (76), 49-54, 2016

    法政大学大学院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005741675
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00226113
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-2610
  • NDL Article ID
    027294605
  • NDL Call No.
    Z22-1053
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top