アレチウリ(Sicyos angulatus L.)の台木利用に関する研究-1-栽培上の特性

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

土壌病害虫に複合抵抗性である,帰化刷物のアレチウリを,ウリ科果菜の台木として利用した場合の栽培上の特性を検討した。1.アレチウリはキュウリとスイカにつぎ木親和性であるが,シロウリとメロンには不親和であった。2. アレチウリ台木のキュウリは,低温期を経過する作型ほど生育を増進し,増収する。高温期を経過する作型では,慣行のカボチャ台木と同等であり,周年栽培が可能である。3. アレチウリ台木のキュウリの養分吸収量は,慣行のカボチャ台木にくらべ,各要素とも明らかに多かった。4. アレチウリ台木のキュウリの肥料反応はカボチャ台木のように敏感ではなく,元肥の施用量を20%節減しでも生育は変わらなかった。5. アレチウリ台木のキュウリの夜温管理は,カボチャ台木にくらべ,2~3℃下げることができた。6. アレチウリ台木のキュウリの細胞液の浸透圧は,カボチャ台木にくらべ,明らかに高く耐寒性も強かった。7. アレチウリは耐病性やつぎ木親和性などの台木特性に採種地間差があり,誉田系統がすぐれていた。

収録刊行物

  • 千葉県農業試験場研究報告

    千葉県農業試験場研究報告 (19), p9-24, 1978-03

    千葉県農業試験場

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005742958
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00142421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    05776880
  • NDL 記事登録ID
    1934049
  • NDL 刊行物分類
    RB41(農産--作物および栽培)
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-682
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ