マスク着用が保育に及ぼす影響に関する保育者の認識  [in Japanese] Recognition by the Caregiver on the Effect of Mask Wearing during Childcare  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

保育者の職務中のマスク着用は,感染症対策という面からみれば必要な対応であるが,子どもの健全な心身の発達を促す保育を行う際の影響の有無にも,留意する必要がある。そこで本研究では,保育者のマスク着用状況やマスク着用に関する認識を明らかにするため,保育者に対する質問紙調査を実施した。質問紙は107部を回収し,そこから看護師や障害児施設に勤務する保育士の回答を除いた90部を分析対象とした。保育者は自身が風邪等をひいている時(94%)や病気が流行している期間(70%)にはマスクを着用すべきであると考えており,そのような時にはマスクを着用していた。一方,6割を超える保育者がマスクの着用によって困った経験があるとした。その理由としては,声が届きにくいことや保育者の表情が子どもに伝わりにくいことが多く挙がった。また,保育者はこれらによって保育に支障が生じると考える傾向にあった。

Journal

  • 富山大学人間発達科学部紀要

    富山大学人間発達科学部紀要 10(2), 125-130, 2016

    富山大学人間発達科学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005746273
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12181167
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1881-316X
  • NDL Article ID
    027237871
  • NDL Call No.
    Z71-S250
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top