中国福建省の古塔 Ancient Pagoda in Fuchien Province, China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

中国の福建省地方は、中世初頭の東大寺再建に際して取り入れられ、以後の日本建築に大きな影響を与えた大仏様ときわめて関係が深い地域とされている。その福建省に残る十世紀から十七世紀にかけて建立された古塔について、構造形式、様式手法を通観し、その時代的変遷を考察するとともに、十二世紀以前の仏堂遺構も加えて大仏様との関連を探ってみる。Fuchien Province in China is considered to have very deep connections with the Daibustu-yo style of architecture which was introduced to Japan on the occasion of the reconstruction of Tōdaiji Temple in the early Middle Ages, and which exerted a strong influence on Japanese architecture thereafter. The author looks through the structural types and styling techniques of ancient Pagoda erected from the 10th to 17th centuries and still remaining in Fuchien Province. He also looks into their relationship with the Daibustu-yo together with other Buddhist structures remaining from the 12th century or earlier.

収録刊行物

  • 国立歴史民俗博物館研究報告

    国立歴史民俗博物館研究報告 (50), p219-247, 1993-02

    国立歴史民俗博物館

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005747943
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00377607
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    02867400
  • NDL 記事登録ID
    3506247
  • NDL 刊行物分類
    J41(建築)
  • NDL 雑誌分類
    ZG6(歴史・地理--日本)
  • NDL 請求記号
    Z8-2017
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ