波照間島の祖先祭祀と農村儀礼--ムシャ-マ行事を中心とする盆行事の考察 (日本の農耕文化の諸問題--農耕文化研究会研究成果報告 1)  [in Japanese] Ancestor Worship and Farming Rituals of Hateruma Island, Okinawa  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

この報告は、沖縄八重山波照間島の盆行事についての記述と分析である。波照間島の盆行事はムシャーマを中心とする村落レベルの行事と家族単位の盆行事の二つに区分される。ムシャーマは来訪神ミルクを先頭とする仮装行列と棒術、太鼓、獅子舞、ニンブチャー(念仏踊り)を内容とする行事であり、村落レベルでの盆行事にはこのほかに来訪神アンガマの行事とイタシキバラとよばれる行事がある。これに対して家族単位の盆行事は、先祖を迎えて供物を供えて供養し、そして先祖を送るという、構造的にはごく一般的な内容の盆行事である。本稿では波照間島の盆行事をつぎの三点を中心に考察を試みた。第一は、村落レベルの行事と家族単位の盆行事の儀礼過程の記述と両者の意味の差異、および両者の関係についての検討である。第二は、ムシャーマ行事のもつ祖先祭祀的性格と農耕儀礼、特に豊年祭的性格についての考察である。そして第三は、盆行事に登場するミルク、フサマラー、アンガマの三つの来訪神についての検討である。これらの諸問題について分析の結果、つぎのような結論に達した。第一に、波照間島の盆行事のうち、村落レベルの行事は主として無縁の先祖に対する供養がその中心であり、家族レベルの盆行事は各家族の正当な先祖に対する祖先祭祀であって、両者は意味が異なる。第二に、村落レベルの盆行事は、豊年祭的要素と祖先祭祀的要素の双方を含んでおり、これはもともと無縁先祖に対する祭祀として行われていたムシャーマ行事に豊年祭アミジワーの行事が移行し両者が合体した結果である。第三に、八重山地域で活発に行われている来訪神信仰のなかでも波照間島のミルク、フサマラー、アンガマは、たとえばミルクがブーブザーとよばれる夫やミルクンタマとよばれる子供たちとセットになって登場するなど、いくつかの独自の特徴をもつことが明らかになった。This paper gives an analytical description of the Bon rituals observed on the Hateruma island, Yaeyama, Okinawa. There are two types of the observance, one held at the village level centering around the Mushāma, and the other on a family basis. The Mushāma festival consists of a masquerade parade led by the visiting god Miruku, the bōjutsu fencing, drum music, lion dancing, and the ninbuchā (nembutsu dancing). The village-level observance also includes a rite dedicated to the visiting god Angama and another rite called Itashikibara. The famiy-level Bon observances are structurally common throughout the country, consisting of welcoming the souls of the ancestors, enteraining them with food and other offerings, and sending them off on their return to the world of the spirits.This paper studies the Bon festivals observed on Hateruma Island, focusing on three points: first, the procedures of both the village and family observances, their differences, and their relationships; second, the ancestor worship and farming-rite (especially harvest festival) aspects of the Mushāma ritual; and, third, the three visiting gods Miruku, Fusamarā and Angama.The examination of these leads to the following conclusions. First, Hateruma's village and family Bon rituals differ in meaning, for the former is dedicated maninly to unrelated (muen) ancestors and the latter to each family's orthodox ancestors. Second, village ritual, containing both the elements of harvest and ancestral festivals, resulted from the harvest festival Amijiwā having moved into the original ancestral rite Mushāma festival. Third, Hateruma's rites for the gods Miruku, Fusamarā, and Angama have several features distinctive from many other visiting-god festivals in the Yaeyama area.

Journal

  • Bulletin of the National Museum of Japanese History

    Bulletin of the National Museum of Japanese History (66), 179-212, 1996-03

    国立歴史民俗博物館

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005748037
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00377607
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    02867400
  • NDL Article ID
    4018510
  • NDL Source Classification
    ZG6(歴史・地理--日本)
  • NDL Call No.
    Z8-2017
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top