アジア・太平洋戦争と日本の宗教研究--学史からのアプローチ (戦争体験の記録と語りに関する資料論的研究) The Asian-Pacific War and religious studies in Japan: approach from the history of the discipline

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は、アジア・太平洋戦争期の宗教学・宗教研究の動向、とくに戦時下の日本宗教学会の状況と、当時の学会誌に表れた戦争にかんする研究の二つに焦点をあて、当時の宗教学・宗教研究のおかれた社会的ポジションの理解を試みるものである。戦時期の一九三〇年・四〇年代前半は、日本宗教学会の草創期にあたり、宗教をとりまく大きな状況の変化が起った時期でもあった。学術大会における会長挨拶では、同時代の状況にたいする当事者的参加が要請され、諸宗教の理解という学問的関心の社会的意義が強調されたが、それは同時に本国や占領地等における政府の宗教統制・宗教政策と奇妙な同調を見せる結果となっている。一九四〇年前後に『宗教研究』誌に登場した、戦時下の宗教現象にかんする論考は、千人針などの当時の前線・銃後の日本人たちの宗教的・民俗的営みを視野に入れたものであったが、あくまで戦争遂行や天皇にたいする尊崇を第一義とするような体制的な価値判断に基づくものであったと言える。In this paper, I would like to try to understand the social position of religious studies in Japan under the Asian-Pacific War, focusing upon that situation of the Japanese Association of Religious Studies and the war researches appearing upon the Journal of Religious Studies.1930's and the former half of 40's were the pioneer days of the Association and also the days when the religious situation had changed drastically. In his address in the meeting, the president made a request for the engagement as interested parties to the members and a point of the meaning in the society of the academic interest in religions, which eventually came around with the religious policy of the Japanese government.The papers dealing with religious phenomena under the war appeared on the Journal around 1940. They were based upon the framework of social order which placed first priority upon the conduct of the war and the reverence for the Emperor although they brought the religious and folk practices of Japanese people in that situation into view.

収録刊行物

  • 国立歴史民俗博物館研究報告

    国立歴史民俗博物館研究報告 147, 65-76, 2008-12

    国立歴史民俗博物館

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005748675
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00377607
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    02867400
  • NDL 記事登録ID
    10276799
  • NDL 雑誌分類
    ZG6(歴史・地理--日本)
  • NDL 請求記号
    Z8-2017
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ