<研究ノート>「環境音楽」、または「環境」と「音楽」 <Notes>'environmental music', or 'environment' and 'music'

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

「西洋近代音楽芸術」の制度において「環境(音)」から分離された「音楽」は、20世紀の初め以降、テクノロジーとメディアの進歩と社会の大衆化によって、その制度が徐々に破綻するとともに再び「環境」との関わりを取り戻していく。それとともに聴取のあり方も変化し、与えられた音楽からそこに込められた意図を受動的、分析的に汲み取る聴取ばかりではなく、ジョン・ケージ以降、ある種の「環境音楽」の場合には、聴き手自身が「環境(音)」との関わりから自分なりの音楽を紡ぎだす「創造的聴取」の可能性が生みだされることになった。

収録刊行物

  • 神戸薬科大学研究論集 : Libra = The journal of Kobe Pharmaceutical University in humanities and mathematics

    神戸薬科大学研究論集 : Libra = The journal of Kobe Pharmaceutical University in humanities and mathematics 16, 16-32, 2016-03-30

    神戸薬科大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005751642
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11519213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    13452568
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ