国民の分身像 : 泉鏡花「高野聖」における不気味なもの  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は、泉鏡花の「高野聖」における不気味な他者たちの表象が日清日露戦間期の日本社会においてどのような意味を担っていたのかという問題を考察する。まず「高野聖」に書き込まれた近代性の記号、すなわち地図、徴兵制、衛生学の歴史性を追跡し、それらが近代的国民軍の要請によって整備されたものであることを確認する。そのうえで、宗朝と、富山の薬売り・次郎との分身関係を分析することを通じて、「高野聖」が、不気味な動物的他者が表徴する脱国民的身体への憧憬を保存していたという読解を提示する。最後に、孤家の女が統治する「代がはり」の世界の意味を考察し、壮健な男をもはや戦うことのできない動物に変じる女の魔力が、国民国家にとってサブヴァーシヴな力をもつことを明らかにする。鏡花は、このような異界を仮構することで、対外戦争へと向かっていく近代日本の国民の生きる空間を逆照射し、それに異議を申し立てるようなヘテロトピアを描いている。

Journal

  • 言語情報科学

    言語情報科学 (14), 225-240, 2016

    東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005753943
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11831019
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1347-8931
  • NDL Article ID
    027268346
  • NDL Call No.
    Z71-J996
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top