日本における心理学的恋愛研究の動向と展望  [in Japanese] Trends and Perspectives in Japanese Psychological Research on Romantic Love  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究の目的は、2004年4月から2013年3月までに刊行された恋愛に関する学会誌論文を概観することで、現在の日本における心理学的恋愛研究の動向と課題を明らかにすることである。検討対象となった31本すべてが質問紙法を採用しており、調査手法の偏りが明確になった。また31本のうち28本は、立脇・松井・比嘉(2005)が示した恋愛研究の4つの方向に該当していることから、方向によって進捗状況は異なるが、それぞれが着実に知見を積み重ねていることも示された。そのうえで、調査手法や調査対象者の拡充、無批判に欧米の理論や知見を取り入れ、日本での適用を確認するだけではなく、日本特有の恋愛現象・行動に着目した研究を行うこと、セクシャルマイノリティの認知・理解が広がるなか、恋人の定義を明確にすること、などの課題や展望が指摘された。

Journal

  • 和光大学現代人間学部紀要

    和光大学現代人間学部紀要 (9), 5-17, 2016-03

    和光大学現代人間学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005818803
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12320194
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-7292
  • NDL Article ID
    027318839
  • NDL Call No.
    Z71-V847
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top