宗谷教職員組合における「民主的学 校づくり」論の展開に関する序論的 研究 -2000年代の定期大会議案書を手がかりとして-  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

本研究の問題意識は、宗谷管区の教育運動の中核を担ってきた教職員組合が、どのようにして「学校づくり」論を深めていったのかを明らかにすることにある。そのため本稿では、2000年代以降の定期大会議案書を手がかりとして、宗谷教職員組合がどのように「民主的学校づくり」を用いているのか、整理を行った。この作業を通じて、今後の検討課題を三点抽出した。

Journal

  • 稚内北星学園大学紀要

    稚内北星学園大学紀要 (16), 105-126, 2016-03-31

    稚内北星学園大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005825024
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2189-244X
  • Data Source
    IR 
Page Top