恋愛関係が青年の発達に及ぼす影響--多次元自我同一性尺度と恋人の有無・交際期間・愛情との関連から  [in Japanese] Effect of the love relationships on the development on the young people: from the relation among ego identity and lover's presence, the length of the relation, the three components of the love  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

本研究は,恋愛関係が青年の発達に及ぼす影響について検討した。青年の発達の指標として谷(2001)の作成した多次元自我同一性尺度(Multidimentional Ego Identity Scale:MEIS)を用いた。調査対象者は大学生129 名であった。恋人の有無によってMEIS得点に差異があるか検討したところ,有意差は見られなかった。また,交際期間の長さの違いで恋人のいる参加者を群分けし,交際期間の長い群と短い群のMEIS得点を比較したところ有意差は見られなかった。さらに,恋人への愛情の3要素(親密性,情熱,コミットメント)とMEISとの関連について重回帰分析によって検討を行ったところ,MEISの得点と親密性及び情熱には正の関連が見られた。これらの結果から,良好な恋愛関係を構築していくことが青年の発達に有益に働くことが示唆された。

Journal

  • Kurume University psychological research

    Kurume University psychological research (10), 104-111, 2011

    久留米大学大学院心理学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005833196
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11799812
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13481029
  • NDL Article ID
    11207884
  • NDL Source Classification
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL Call No.
    Z74-C884
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top