大学生のメンタルヘルス--6年間の新入生のMMPIの動向 Mental health for university students: the trend of MMPI in freshmen during the last six years

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

当大学では精神的健康診断という目的で,1998年より新入生全員にミネソタ多面人格目録(Minnesota Multiphasic Personality Inventory : MMPI)を実施してきた。本研究では新入生のMMPIプロフィールの全般的な傾向を明らかにすることを目的とした。対象は1998年から2003年の富山医科薬科大学新入生1619名である。入学後のオリエンテーション時に集団でMMPIを施行した。MMPIの基礎尺度においてT得点が70を越えた延べ頻度とその割合を調べたところ,最も低い1.9%(軽躁性尺度)から最も高い8.4%(抑うつ性尺度)まであり,どの尺度においても高点者が認められた。1600名の学生のうち3%が統合失調症圏患者でよくみられるMMPIのコードタイプを示した。MMPIの受検は,学生の自己内省を促し,また,フィードバックが早期発見・早期対応や,各種相談機関の利用への橋渡しとなる可能性があると思われる。The primary purpose of this study was to clarify characteristics of the Minnesota MultiphasicPersonality Inventory (MMPI) profile in freshmen of university. A total of 1600 freshmen whoentered Toyama Medical and Pharmaceutical University, Toyama, Japan, from 1998 to 2003participated in this study. The mean age of these subjects at the time of testing was 19.2 (SD2.4)years. All students gave informed consent before entering the study. The new Japanese version ofMMPI was administered to students as routine mental health checkup during the orientationfollowing entrance into the university. As a result, 1.9% of students on the hypomanic scale whichwas the lowest had high score (T>70) and 8.4% of student on the depression scale which was thehighest had high score. Three % of students revealed the MMPI code type related to patients withschizophrenia spectrum disorder. The MMPI is a useful tool for identifying university students,who have problems related to mental health. In addition, the interviews for feedback appear to beuseful for early diagnosis and early intervention

収録刊行物

  • 富山大学医学会誌

    富山大学医学会誌 17(1), 9-12, 2006

    富山大学医学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005838397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18832067
  • NDL 記事登録ID
    9329068
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z74-E397
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ