日本人小児へのBayley乳幼児発達検査(第3版)の有用性 Application of the Bayley Scales of Infant and Toddler Development, Third Edition for Japanese infants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

Bayley乳幼児発達検査-第3版(Bayley−Ⅲ)は乳幼児の発達を詳細に,かつ客観的に評価でき,世界標準で用いられることの多い検査である。しかし,日本版は未だ作成されておらず有用性は確かではない。本研究では,日本人健常12ヵ月児42名と36ヵ月児81名にBayley−ⅢとBayley式検査-第2版(BSID−Ⅱ),発達質問紙(津守式)を実施し,Bayley−Ⅲの有用性を検証した。米国の健常児と比較した結果,12ヵ月児では言語尺度の得点低下,36ヵ月児では微細運動の得点上昇が認められた。BSID−Ⅱよりは全体的に得点は高く,尺度間には高い相関が確認された。津守式では,両年齢ともに月齢相応の発達を示していた。Bayley−Ⅲの言語尺度においては,日本人小児には見合わない文法が認められたが,それ以外の教示や用具など実施上の不都合はなく,Bayley−Ⅲは日本でも使用可能な検査であった。Background: The purpose of this study was to determine the application of the Bayley Scales of Infant and Toddler Development, Third Edition (Bayley−III) for Japanese infants.Methods: Forty−two infants aged 12−month−olds and eighty−one infants aged 36−month−olds were assessed using the Bayley−III, BSID−II and Tsumori Test.Results: Among Japanese 12−month−olds, the Bayley language score was lower than the United States norms. Among 36−month−olds, the fine motor score was higher than US controls. Bayley− III mean scores were approximately 6 to 11 points higher than those of BSID−II. There were strong correlations between BSID−II and Bayley−III. There are no problem in translation and the instructions of Bayley−III.Conclusions: This study suggests the Bayley−III is available for evaluation method ofdevelopment in 12−month−olds and 36−months−olds Japanese infants.

収録刊行物

  • 富山大学医学会誌

    富山大学医学会誌 22(1), 28-32, 2011

    富山大学医学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005838474
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12224827
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2067
  • NDL 記事登録ID
    023674362
  • NDL 請求記号
    Z74-E397
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ