〈生の実践知〉継承に関する日韓比較研究 : 地蔵盆と茶礼のフィールドワークを通して  [in Japanese] A Comparative Study on Succession of "Practical Knowledge" in Japan and Korea : Through the Fieldwork of Zizoubon and Charye  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は、〈生の実践知〉の世代間継承のメカニズム、およびその際に機能しているメディア(継承のための道具や方法)について解明することを目的に、日本における地蔵盆と、韓国における盆行事の茶礼(チャレ)を対象として実施されたフィールドワークの成果を報告するものである。具体的には、主に現地での参与観察とインタビュー調査を通じて得られたデータを、(1)音、(2)パフォーマンス、(3)ナラティヴという三つの観点から整理・分析し、〈生の実践知〉継承のメカニズム解明につなげることを試みた。

Journal

  • 総合教育研究センター紀要

    総合教育研究センター紀要 (14), 39-53, 2015

    天理大学人間学部総合教育研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005858767
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1242710X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1347-975X
  • NDL Article ID
    027531474
  • NDL Call No.
    Z71-J967
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top