短節間カボチャ「TC2A」の水田転換畑での栽培に適した窒素施肥  [in Japanese] Optimization of rate and times of nitrogen fertilizer application for the short-internode squash cultivar Cucurbita maxima 'TC2A' grown in drained paddy fields  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

短節間カボチャ「TC2A」の水田転換畑での栽培において,窒素筋肥量が8kg/10aまでは窒素施肥量が多くなるほど果実収量が高くなり,果実品質が向上する傾向を示した。また,基肥4kg/10aと追肥4kg/10aの2回に分施することで日焼け・腐敗果率が低くなった。以上より,短節間カボチャ「TC2A」栽培では,窒素8kg/10aを基肥4kg/10aと追肥4kg/10aの2回に分施することが適していると判断した。

Journal

  • 北農

    北農 81(4), 325-329, 2014-10

    北海道農事試驗場北農會

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005864283
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00348744
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0018-3490
  • NDL Article ID
    025874092
  • NDL Call No.
    Z18-218
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top