口蹄疫等の防疫用移動式レンダリング装置から排出される加熱破砕物の充填・運搬手法の検討  [in Japanese] Packing and transporting animal carcasses after rendering in mobile facility to control epidemics such as foot-and-mouth disease  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

口蹄疫流行の際には殺処分家畜の迅速・安全な処理が重要である。このため埋却が推奨されているが,地域によっては埋却地の選定が困難である。このような場合に備えて,焼却施設への輸送を前提に屠体を破砕しながら加熱消毒を行う移動式レンダリング処理装置が開発されている。この装置から発生する高温破砕物を,効率よく充填し,安全に焼却施設に輸送する容器の仕様と利用手法を検討した。この結果,大規模焼却施設に搬入する場合,容量約500Lで底板にフォークリフトのリフトアップ用穴を備えた市販プラスチック製折り畳み式コンテナを用い,内側に液体輸送用大型低密度ポリエチレン袋を二重に装着して処理物を充填し,袋を密封後トラックで輸送し,焼却施設ではフォークリフトでゴミ投入ピットに処理物およびポリエチレン袋を投下する方法が容易かつ安全であった。手投入が必要な中小規模焼却施設の場合,容量20Lの感染性廃棄物専用容器または内外にポリエチレン袋を装着した容量20Lのダンボール容器を,底板がフォークリフト用パレットからなる容積340Lの折り畳み式コンテナに12~16個並べ,フォークリフトで位置調整しながら一斉に充填後,各容器の蓋を取り付けるかまたはポリエチレン袋を密封し,さらにコンテナの蓋を取付けてコンテナごと輸送し,焼却施設ではコンテナをフォークリフトで焼却炉近傍まで移動させ,20L容器を人力で焼却炉に投入する方法が適切と推定された。

Journal

  • 家畜衛生学雑誌 = The Japanese journal of animal hygiene

    家畜衛生学雑誌 = The Japanese journal of animal hygiene 40(4), 203-213, 2015-02

    日本家畜衛生学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005865263
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11807069
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1347-6602
  • NDL Article ID
    026252350
  • NDL Call No.
    Z18-1534
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top