玉川学園キャンパスに生息する生物調査を活かした環境教育 Environmental Education through Wildlife Field Survey on Campus of Tamagawa Academy and University

Access this Article

Search this Article

Abstract

玉川大学生物自然研究部に所属の学生による40年間以上に亘る野外調査とモニタリングの結果の一部として、玉川学園のキャンパス内に生息する124種の身近な野生生物(昆虫類、植物類、キノコ類、鳥類、哺乳類)がカラー写真と簡潔な説明により紹介された。大学生によるこれらの継続的な調査と研究成果公表の試みは、同じキャンパスで学ぶ小学生、中学生、高校生の環境教教育へも波及効果をもたらすことが期待される。

Journal

  • 玉川大学農学部研究教育紀要

    玉川大学農学部研究教育紀要 (1), 101-128, 2016-09-01

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005867679
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12766546
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2432-2164
  • Data Source
    IR 
Page Top