支配と救済--唐宋代嶺南における流落者救済の背景  [in Japanese] Control and relief background of wanderer relieves in Lingnan Regions during T'ang and Sung Dynasties  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿は,唐宋代に行われた両広地域(嶺南)に流落した人々の救済事業について,その実施背景を嶺南支配体制の特性から検討するものである.唐代の孔戣・盧鈞による救済事業は貞元年間(785~805)における落南者の急増が背景にあった.その落南者急増は,8世紀における唐の北方における権威低下,一方の江南開発や南海交易の発展という国内外状勢の諸変化を背景とした嶺南の実効支配化を進めたい唐の事清が絡んでいた.宋代は,南渡による国土の縮小,冗官問題の深刻化に起因する差遣制度の改変,そして対ベトナムとの関係構築が背景となり,北宋以来の攝官制の適用ポストを縮小させる.そして小官に就く選人もまた早期改官を目指して嶺南に流寓する状況が起きており,このような状勢が背景となって落南者が急増し,ついに広州で広恩館などの救済施設が設置されるに至った.

Journal

  • The Quarterly report of economics

    The Quarterly report of economics 60(2), 149-171, 2011-02

    立正大学経済学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005892467
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00069955
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    02883457
  • NDL Article ID
    11026476
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-187
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top