EUと中央アジア--欧州近隣諸国政策を超えて  [in Japanese] The EU and Central Asia: beyond the European neighbourhood policy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ソ連崩壊後の中央アジア諸国の独立に伴って,中央アジアの資源は世界に開かれた公開市場となった.その結果,中央アジアは,資源や影響力の確保をめぐって欧・米・中・露の利害が交錯するアリーナとなった.近年,EUは,対中央アジア政策を強化しているが,この動きは,単にエネルギー資源を確保しようとしているばかりではなく,自らの規範パワー(normative power)に目覚めたEUが欧州近隣諸国政策対象諸国を越えて,さらにその政治・経済的影響圏を拡大しようとしていることを示している.だが,共通価値への収斂をコンディショナリティとして課そうとするEUは,中央アジアにおいてビジネスと規範のジレンマに直面しており,そこで展開されている「グレート・エネルギー・ゲーム」において劣位に立たされている.

Journal

  • The Quarterly report of economics

    The Quarterly report of economics 60(3・4), 111-172, 2011-03

    立正大学経済学会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005892470
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00069955
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    02883457
  • NDL Article ID
    11113263
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-187
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top